愛知県豊橋市 上海飯店 海老マヨ炒めと五目そば

締めの中国料理

懇親会が終わり、二次会はバーで飲んで盛り上がった。小腹が減ったか。ここはラーメンを食べたいかと思っていたら、7人ほどで中華を食べに行くと言う。とりあえずついて行く。

飲屋街を進むと現れた店は上海飯店。席は空いているとのことだ。テーブルに座ると、メニューを見る。何を食べるのだろうか?酔っているから、皆、言うことがいい加減だ。もちろん、私もだいぶ酔っている。

さーて、なに食おうかなー。メニューよこせや。

青菜炒めが食べたい。今日はなに?ほうれん草?ふーん。とりあえず二つ。7名で食えるのか。まあ、いいや。皮蛋(ピータン)豆腐と豚耳くださーい。他のメンツも思い思いにメニューを頼む。食べ切れるかな。

店のママは中国人だ。これは味に期待できる気がする。店内の作りはもろにスナックだ。居抜きで借りたのだろう。明らかに中華料理店の内装ではない。

麻婆豆腐

いきなり麻婆豆腐。とろみの強く、甘辛ではなく甘激辛。なんだこれ?麻婆豆腐としては美味いとは言えないが、妙にクセになる。

海老マヨ炒め

マヨネーズが酸味よく効いて美味い。ひとりは「こんなに美味い海老マヨ炒めを中国で食べたことがない。」と言いきる。恐らく日本製のマヨネーズが美味いからだ。米国でも大人気だと、何かの記事で読んだ記憶がある。私もこちらの方がエビチリよりも好きだ。

皮蛋豆腐

クセがなくタレもさらっとしている。ごま油を入れないのか。悪くはないが、私には物足りない。誰も食べない。一人で食べた。

ネギときゅうりと豚耳和え

野菜メインで豚耳が少ない。辛味も足りない。コリコリ感はいい。自分以外、誰も食べない。美味いのに。個人的には耳より顔の方が好きだ。食べているうちに、だんだん美味くなってきた。

青菜炒め

ニンニクが効いてるのだが、ほうれん草のえぐみが残っている。なんでかな。

五目そば

さあ、ラストは五目そばだ。これ、不味いんだよと言う者が数名。試してやろうじゃないか。一口食べる。ん?不味くはないが、甘い。胡椒をかけるといいくらいだが、何口か食べると甘さが口につく。砂糖入れすぎだ!戦後か?

この店は全体的に味付けが甘い。あ?まだあった。チャーハンは塩味で普通に美味い。甘くなくてよかった。

ごちそうさま

トイレは洋式で温水洗浄便座ではない。吐くときは女子用にすませろと書いてある。締めに食べに来て戻す奴が多いということか。

店を出ると、一緒に飲んでいたうちの一人が、道の少し先を指差して私に言った。

「以前、あそこで吐いたんですよ。」

皆と別れてホテルへの帰り道、何かヌルッとした感触がした。振り向いて道を確かめると、ああ。この街はそこら中に吐く奴が多いのか?誰が掃除するのだろうか。最後までゲロネタに付きまとわれて、嫌な気分でホテルに戻った。

吐くときはトイレで済ませろ。

(Visited 71 times, 1 visits today)