空港食道 ポーク玉子

沖縄県 那覇空港 空港食堂 ~ポーク玉子定食~

空港食堂

空港食堂外観

本日は朝から出勤だ。朝礼に参加して経費の清算を済ませると、空港に向かう。12時半の飛行機なので、食事を済ませたかった。食べは店は決めていた。空港食堂。いつも繁盛しているが、早めの時間なら大丈夫だろう。今朝は朝食も摂っていない。駐車場に車を入れて、一階到着ロビーに行き、店に向かう。あった。

ディスプレイ

日替わりはなんだろう。これか。

日替わり定食

食券を買って半券を渡すシステムだ。配膳以外はすべてセルフ。ゆし豆腐はどこだ…ない。ないんだ。ならば、何を食べようか。沖縄そばは食べたくないし、チャンプルー類も微妙だ。カツ丼とカツカレーはパス。

券売機

あ、そうだ。ポーク玉子にしよう。沖縄人のソウルフードだ。沖縄料理ではない、B級グルメというのが正解だろうか。チャンプルーは昔からあるのだろうが、ポークこと缶詰の豚肉であるポークランチョンミートが沖縄に持ち込まれたのは戦後のことだ。そもそもこいつは軍用食だ。韓国ではポークランチョンミートを使ったチゲ鍋を「ブデチゲ」と呼ぶが、漢字で書けば「部隊チゲ」つまり軍隊のことである。ポークは米軍基地も深い関係があるのだ。

店内

空いているテーブル探して座る。店内には空港の職員や警備関係の人も食べにきたり、弁当を買ったりしている。リーズナブルなのだ。コスパがいいのだ。

セルフドリンクコーナー

すべてがセルフだから飲み物も自分でつぐ。給水機はボタンを押している間、水やお茶が出るタイプだが、指を離してから止まるまで少し時間差があるので、注意が必要だ。

自分の食券の番号が呼ばれたら手を挙げて店員にアピールする。見つけると席まで料理を持ってきてくれる。さあ、ポーク玉子がやってきた。

ポーク玉子定食

赤と黄色のコントラストが白いさらに映える。塩気の効いたポークとしっとりした玉子焼きの組み合わせが食欲をそそる。ご飯でもいい、酒でもいい、もちろん生野菜でもいい。スーパーで売られているポークの缶詰は四角形だが、この店のポークは丸い。業務用を使用しているからだ。食べ慣れた味なのでTULIP(チューリップ)だろうが、中華ポークこと梅林(メイリン)な可能性も捨てきれない。

ポーク玉子

お昼が近づくにつれて、店内はどんどん混んできた。食べ終わったら食器を返却口に持っていく。さて、宇都宮に行こう。

(Visited 21 times, 6 visits today)