天たまそば

長野駅 信州そば ナカジマ会館 天たまそば

朝そば

昨晩は締めにそばを食べることができなかった。すごく腹が減っていたのに、開いている店がなかった。時刻は23時。コンビニ以外の明かりは消えている店が多い。ラーメン店が二軒ほどあったのだが、いずれも行列ができていた。

皆、行くところがないのだな。

なので、今朝は何としてもそばを食べたい。ホテルは朝食付きだ。きっと蕎麦を食べることができると思ったのだが、残念。長野に来て蕎麦を食べずに帰るなど、あってはならぬことなのだ。

長野駅構内

ならば答えは一つだ。駅そばだ。庶民の味方だ。ホテルを出て駅に向かう。どこだ、どこに蕎麦屋があるのだ?ネットでは駅そばのレベルを超えた店があると書いてあった。テレビでも紹介されていた。

ん?

これかな。 信州そばナカジマ会館。いや、私の求める蕎麦屋はこんな名前ではなかったはずだ。地図で調べる。なんと蕎麦屋は東口、駅の外にあるらしい。

店舗外観

え?

行くか?いや、時間的に無理だ。現在、8時20分。8時40分までに食べてここに戻れるだろうか。自信がない。ここも信州そばだ。きっと美味いに違いない。ここで食べよう。

食券機

店に入る。自販機と相対する。素晴らしい。「うどん」という選択肢はない。蕎麦一本だ。選択肢も鉄板メニューのみだ。ならば私は天たまそばなのだ。

食券機

食券をカウンターに渡し、奥の席に陣取る。壁にはこの店の由来が書いてある。

店内解説

なるほど。

天たまそば

すぐに私のそばが出てきた。さすが立ち食いだ。日本が誇るファストフードなのだ。

天たまそば

天ぷらの上にのせられた玉子が美しい。たっぷりのネギも嬉しい。駅そばはこうでなくてはならない。

どんぶり

どんぶりには豪快に「会館そば」の文字が存在感を自己主張しているようにも思える。

ふむ。

とにかく食べよう。時間がない。どんぶりに口を近づけると、カツオの力強い香りが匂い立つ。つゆを一口飲む。少し甘口の…うん?なんだか香りの割に出汁が薄いのは気のせいだろうか。

天たまそば

続いて蕎麦を食べようと箸でつかむ。蕎麦が切れる。箸で持つとブツブツに切れる。ゆですぎなのか、こういう麺なのか。天ぷらも溶け始めてきた。

食べづらい。

蕎麦に卵の白身をからめ、天ぷらと一緒に口に入れる。

なんだか味気ない。

そうか。

七味を入れ忘れているではないか。ここ長野、特に長野市というか善光寺は名高い七味の産地だと記憶している。たまにデパートやスーパーで見かける七味が、テーブルに鎮座している。

卓上

こいつをかける。蕎麦を食べる。ああ、ゆずの香りがいい。そこいらの駅そばの七味とはレベルが違う。これが長野の底力なのか!

ん?

辛い。

辛さが口の中から消えない。さらに食べる。黄身を食べる。甘い。蕎麦を食べる。辛い。まるでピリピリ辛。

そばはさらにブツブツに、天ぷらは溶けてしまった。なんだか豆腐を食べてるような、なんというか。蕎麦を食べてる感覚ではない。

でも食べきった。

ごちそうさまとどんぶりを返却口に返す。時計を見ると8時30分。東口に食べに行っても間に合っていた。

ああ、ランチも蕎麦だ。そちらに期待しよう。

(Visited 7 times, 4 visits today)